【大学入試】新入試で何が変わる?ポイントを抑えよう!「一般選抜(一般入試)」と「大学入学共通テスト」編

前回お届けした【大学入試 】自分に合った入試方式とは?~変わる「総合型選抜(AO入試)」・「学力推薦型選抜(推薦入試)」編~に引き続き、

今回は、センタ―試験の後継テスト「大学入学共通テスト」や、「一般選抜(一般入試)」についての特徴をご紹介します。

そこで今回は、大学入試方式のなかでも基本となる「総合型選抜(AO入試)」「学力推薦型選抜(推薦入試)」「一般選抜(一般入試)」「大学入学共通テスト(センタ―試験)」の4種類について順にご紹介します!

国公立大学では最もスタンダード?一般選抜(一般入試)のしくみとは

大学入試を大きく分けると、一般選抜(一般入試)、学校推薦型選抜(公募・指定校推薦)、総合型選抜(AO入試)という3つがあります。 AOや推薦での入学者が近年増え続ける一方で、国公立大学では一般選抜の募集人員枠が全体の約8割を占めています。国公立大学を志望する場合は、まずは一般選抜(一般入試)での受験対策が求められます。

国公立大学の一般選抜とは?

国公立大学の一般選抜(旧 一般入試)は、センター試験の後継テストとして2021年1月に行われる「大学入学共通テスト」と、2~3月に行われる「2次(大学個別)試験」の合計点で合否を決定するものです。 以下より、それぞれの試験について見ていきます。

選抜内容

大学入学共通テスト

大学入学共通テストは、本試験が2021年1月16日・17日に実施されます。
試験科目は、センタ―試験と同様6教科30科目が出題されることが決定しています。センター試験に比べて思考力・判断力・表現力を一層重視するテストが導入されます。
※2020年度までのセンター試験の場合、国公立大学の約7割が5教科以上を課し、なかでも国立大学の場合は8割以上が5教科以上を課しています。国公立は試験科目が多いことが想定される為、早めの対策が必要です。

2次(大学個別)試験

「前期日程」と「後期日程」を組み合わせて受験することが可能です。
※一部の公立大のみ「中期日程」も含めると最大3回の受験が可能です。 前期日程で合格し入学手続を完了すると、その後の試験を受けても合格できない仕組みになっている為、前期日程は第一志望校を受けるのがスタンダードです。

注意!国公立大学の一般選抜では、「大学入学共通テスト」と「2次試験」の配点比率は大学・学部によって大きく異なります。何を重視すべきか、志望校のホームページや受験情報冊子から情報を把握しておくことが大切です。

私立大学の一般選抜とは?

各大学が個別に実施する学力試験で合否が決まる選抜方法で、1月末~2月中旬が試験のピークとなっています。
試験日が重ならない限りは何校でも併願が可能であることから、大学入試の中でも多くの受験生が選ぶ入試方式です。また、同じ学部や学科であっても2つ以上の入試方式があり、併願できる場合がほとんどです。

主流とされているのは3教科の試験を受けるものですが、大学や学部、学科によって試験内容や配点は様々です。必ず志望校のページで情報を集めましょう。

私立大学の一般選抜方式の例

「3教科型入試」(学部別入試)

試験科目は文系が外国語・国語・選択科目(地歴・公民・数学から1科目選択)、理系では数学・理科・外国語を課すパターンが主流。募集人数が少ない特徴がある。また、同じ学部・学科で2日以上の試験日を用意した「試験日自由選択制入試」制度を利用すると、併願校との試験日程のバッティングを防ぐことができる。

「全学部統一入試」

全学部・学科が共通問題を使って同じ日に試験を実施する。一度の受験で複数の学部・学科へ出願することができる。

「得意科目重視型入試」

自分が得意な科目を活かせる試験方式。科目毎に配点が異なり、高得点を狙える科目のみで合否判定を行うなどの方法がある。一方、高倍率になる可能性もある。

「学外(地方)入試」

主要都市など大学所在地以外に試験会場を設ける方式。家から遠いところにある大学でも、最寄りの会場を選んで受験できるため、交通費や宿泊費の軽減や、複数回の受験が可能となります。

注意!私立大の一般入試は3教科型が主流ですが、ごく一部の大学では、2教科や1教科で受験できる大学もあります。科目数の負担が減る一方、高倍率になり易い為、受験科目を絞って志望校選択の幅を狭めないよう注意が必要です。

国公立・私立大学ともに
「大学入学共通テスト」で選択肢が増える

センター試験の後継となる「大学入学共通テスト」は、その受験科目によって複数の大学・学部に出願できる方式です。また、出願するだけで自動的に複数校の入試を受けたこととなると共に、その試験結果だけで合否が決まる大学もあります。

「大学入学共通テスト利用入試」はほとんどの場合、一般選抜と併願できるため、選択肢を増やしたい受験生に人気です。さらには、国公立大学の志望者の場合は、共通テスト利用入試の合否結果が出るのは、私立大学の一般選抜試験日より後になることが多く、一般入試も受けるのがスタンダードです。

試験科目はセンター試験と同じく6教科30科目で、問題を解くうえで必要となる知識は変わらないものとなります。しかし、学習指導要領の改訂により「知識」「技能」に加えて、「思考力・判断力・表現力」が問われる内容となる為、難易度が上がることが予想されます。

なかでも注目したいのが、「英語」の配点です。

センター試験(筆記200点、リスニング50点)に比べ、共通テストでは(リスニング100点、リーディング100点)リスニングとリーディングが1:1という配点比率になりました。英語4技能の中でも、配点率が高くなったリスニング力の強化が求められます。

さらに、リスニングの音声読み上げは、センター試験ではすべて2回読みだったものが、共通テストでは1回読みと2回読みで出題される見込みです。リスニングの音声は、多様な話者による現代の標準的な英語が使用されるため、今後はより一層、実際のコミュニケーションで活かせる英語力が求められます。

※大学入学共通テストの配点比率と、実際の入試で各大学が決定する配点比率は異なります。必ず志望大学の詳細をホームページ等でご確認ください。

Point!

大学入試対策は、新入試に強い湘南ゼミナール高等部へ!

現役合格に向けた
新入試対応の志望校別
目的別講座

湘南ゼミナール高等部では高校別の講座〜新入試対応の受験対策講座まで幅広い授業を取り揃えています。

お問合せ・資料請求はこちら


湘南ゼミナール高等部では、『総合型選抜(AO)』『推薦型選抜』入試専門のコースをご用意しております。

ぜひ以下より詳細をご覧ください。

お問合せ・資料請求はこちら