【2021中学受験】神奈川県 公立中高一貫校5校の気になる大学進学実績を比較!

2020.04.14

受験生が中高一貫校に求める最終的な目的の1つとして欠かせないのが、大学進学実績。
大学受験を念頭に置いて、高校受験をすることなく中高の6年間、効率的に大学進学に向けた準備をすることができるとあって、神奈川県内でも公立中高一貫校の人気は年々高まっています。

そこで本日は、神奈川県内にある公立中高一貫校の*受検をご検討される方に、県内5校の気になる大学進学実績をまとめた情報をお届けします。
※公立中高一貫校では適性検査を受ける為、「受検」といいます。

ぜひ、以下よりご覧ください。


※各学校の発表データをもとに作成。調査時期により数字が異なることがあります。
※他 旧5帝大に含まれるのは、北海道大学・東北大学・名古屋大学・大阪大学・九州大学
※GMARCHとは:学習院大学・明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学を意味する語

①横浜市立 横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校 大学進学実績

学校HPの発表を基に作成。

※2020年度の数は確定前と思われます。(2020年4月8日判明分)

※上記は過年度生を含まない数です。

【傾向】

・県内の他校に比べ、国公立大学への進学者数が特に高い。

・県内の他校に比べ、海外大学への進学実績が特に高い。

②横浜市立 南高等学校附属中学校 大学進学実績

学校HPの発表を基に作成。

※2020年度の数は2020年4月1日現在に更新されたものです。

※上記は過年度生を含まない数です。

【傾向】

・他校に比べ私立難関大学への進学実績が高い

③川崎市立 川崎高等学校附属中学校 大学進学実績

学校HPのデータを基に作成、2018年以降の公開は無し。

※2018年以前3年間の進学実績の内、国立大学進学者は1名。

【傾向】

ほとんどの生徒が私立大学へ進学している。

④神奈川県立 平塚中等教育学校 大学進学実績

学校HPの発表を基に作成。

※上記は過年度生を含まない数です。

⑤神奈川県立 相模原中等教育学校 大学進学実績

学校HPにて発表されたデータを基に作成。最新実績の公開は2018年度分まで(2020年4月現在)※上記は過年度生を含まない数です。

―――以上が神奈川県内の公立中高一貫校の大学進学実績です。

※表記に間違いがありましたらお詫びして訂正させていただきます。

「大学受験を見据えて」選ぶ方が多い公立中高一貫校ですが、「大学へ入ること」のみをゴールにしてしまうとその後の目標が見えなくなることもあります。
公立中高一貫校の受検の際に、大学受験を見据えて、「その学校でどう過ごすのか」、「どのような力を伸ばしていきたいのか」を考えて学校選びをしていていくことが大切です。

公立中高一貫校受検に関するご相談やイベント情報はこちらから

お問合せ・資料請求はこちら

関連記事

詳しく知りたい!横浜サイエンスフロンティア高等学校・附属中学校 南高等学校附属中 徹底取材/特集①「人気の理由は授業。効果絶大のラウンド制とは?」 神奈川版:公立中高一貫校5校の受検情報まとめ/2022年以降に受検をご検討の方必見! 【2022 中学受験】神奈川 公立中高一貫校/入試日程が決定!

湘南ゼミナール公立中高一貫コースは、長年にわたり受検対策に強い塾として地域の信頼をいただいております。

湘南ゼミナール公立中高一貫校受検/2022年度 合格実績

※上記合格実績は、湘南ゼミナール小中部・公立中高一貫コース・個別指導コースの集計結果を表記しています。
※公立中高一貫校の合格発表後に合格辞退をさせる指導はしておりません。
※合格実績は公益社団法人全国学習塾協会が定める基準に従って集計しております。テスト生や講習生は含めていません。
※本WEBページ内の記載は湘南ゼミナール調べによるものです。万が一誤りが発生した場合には訂正・お詫び申し上げます。