小4算数で重要な「小数のかけ算・わり算」

2020.10.01

湘南ゼミナール小中部より、小学生向けコースの取り組みや毎月の授業内容などをご紹介いたします。

~2020年10月/小学4年生の授業内容より~

算数の授業では「小数のかけ算・わり算」を扱います。

「小数のかけ算・わり算」は、この先学習していく算数の内容や数学において、あらゆる単元の理解に必要な土台ともいえる重要な単元です。特に小学5年生で習う「割合」では、小数の理解は必須となります。10月の授業で確かな計算力を身に着けていきます。

小中部では、お子さまが家庭学習も習慣化できるように教室での指導を行い、さらには基礎学力を固めて思考力を高めていくことを目標としています。

小学生4年生は「算数の壁」ともいわれ、後々の学習において重要な基礎を築く学年です。今のうちに基礎をしっかりと理解し、中学生でトップランナーとなるためにも丁寧に学習していきましょう。

ちなみに、中学生でトップランナーとなるためには、中学1年生の最初の定期試験で高得点を取ることがとても重要です。スタートから高得点を取ることで、大きな自信につながり、小学生に比べて忙しくなる中学生活でも、勉強と部活動の両立がうまく実現できるようになります。
今後とも湘南ゼミナール小中部の授業にご期待ください。

湘南ゼミナール小中部では、体験授業のご参加により納得してご入会いただけるよう無料体験授業をご用意しております。体験期間中の学習成果についてしっかりと面談しながら進めていきます。

ぜひ一度お近くの教室でご体験ください。

体験授業の詳細はこちら

【塾選び・比較】学習塾の無料体験授業で見るべきポイントとは?長期体験にはメリット多数!