新教室からこんにちは!『小中部 海老名教室』

2019.07.01

湘南ゼミナールってどんな塾なの?そんな疑問にお応えしたく、新規開校した湘南ゼミナール小中部より、地域のことや、勉強法をご紹介します!

本日は、神奈川県の県央地域に位置し、小田急小田原線と相鉄本線、JR相模線の3線が乗り入れる、海老名駅東口から徒歩5分ほどにある湘南ゼミナール小中部 海老名教室です。

写真:湘南ゼミナール小中部 海老名教室と教室長の佐々木

小中部 海老名教室は開校後、300名超のお子さまがオープンスクールにお越しいただいています。(6/26時点)

海老名市は人口およそ13万人、5万6千世帯と、地域の小学校の大きなところでは生徒数900名、海老名最大の中学校では3学年で800名もの生徒さんがいる、とてもお子さんの多い街です。

ここ、海老名教室にも近隣6駅ほどの地域から生徒さんが通っており、海老名教室まで徒歩1時間以上かかる遠方からも、お車でお子さまを送迎して通う方が大変多くいます。

そんな湘南ゼミナール海老名教室の教室長である佐々木に話を聞きました。

とことん一人の生徒に寄り添える、集団塾を目指して

佐々木:
小中部 海老名教室のこだわりは、成績向上はもちろん、スタッフ全員がとにかく授業にこだわっています。子ども達が疲れた顔で塾に来ても、元気に家に帰ってもらえるような環境を作りたい。そのためには、〝分からない″ことを、とことん〝分かる″ 状態にして帰してあげることに力を入れています。

――――教室スローガンとして、授業のわかりやすさとフォロー体制で地域No.1を掲げる海老名教室。

佐々木:
集団塾のイメージでは、分からない子どもがついていけないときにフォローしてくれるのか、1人1人を見てくれるのかといった不安が少なからずあると思うんですよね。その壁をスタッフ全員で解決しています。

海老名教室には、学区を越えて多くの生徒さんが集まります。湘南ゼミナールの生徒さんの中でも、綾瀬や座間、海老名駅近辺と生活圏が異なります。

学校帰りにザリガニをとって遊んでいる子も居れば、ビルの間を駆けている子など、普段では出会うことのない距離感にいる子ども達が、それぞれの育った環境の良さを、海老名教室で交えていくようにしています。

佐々木:
湘南ゼミナールの小中部では、授業前の16時からの40分間は小学生の個別フォロータイムを設けています。
生徒たちが教室へ来ると、生徒同士のコミュニケーションを作っていけるよう先生が生徒の中に入っていきます。コミュニケーションが取れるようになると、最初のころはとりあえず来ていた生徒も、宿題を持ってきてくれるようになりました。

生徒が「明日、漢字のテストなんだ」と心配そうに言えば、「よし!すぐに漢字やろう!」とその場でプリントを作って出す。少し暑苦しいと思われるかもしれませんが、授業前の時間を使って、とことん子どもに寄り添っていきたいという想いで向き合っています。

生徒さん自身で考える〝やることリスト″
考える習慣で、宿題もスムーズに取り組む子に

佐々木
湘南ゼミナールでは、生徒の思考力を高めるためにQE授業(Quick Exerciseの略称)という授業スタイルを取っています。この授業では、講師は原則テキストを持たないんです。問題を頭に入れて、頭の中で生徒の理解度に応じた問題を作って出せるように用意しているので、手や目線はフリーの状態です。

そこで、子ども達の手元と表情から、理解度や回答スピードを見ています。集団授業なので、生徒さんそれぞれに個人差はありますが、瞬時に見極めて、分からない子には手助けをして次の正解の機会を作り、褒める機会を大切にしています。

佐々木:
それでも分からないって子がいれば、授業後に類題を出して分かるまで付き合います。授業は、生徒たちのために合うものへ変えてあげられる。勉強にやる気を出すには、生徒ができるようになることが大切で、授業の型に囚われすぎてしまうと、それができないですからね。

佐々木:
海老名教室では、『やることリスト』を生徒へ配っています。

生徒には、〝今日ここに来て、勉強のどこまでを終わらせたいのか″を自分で考えてもらいます。先生に与えられるのを待っているのではなく、何をしたいか考えて書き出してもらう。すると熱量の高い子でも、低い子でも、自分で書いたことを有言実行しよう!というところは一緒なんですよね。それぞれのペース、進度が違っても、リズムを作って一緒に向上することができます。

塾に居る以外の時間でも、生徒自身が勉強に前向きになって宿題ができるよう、保護者様にもやることリストを共有して、共通のツールで子どもたちを見ていけるようにしています。


以上、取材より。

湘南ゼミナール小中部では、内容・知識を教える以前に、勉強の仕方、取り組み方、なりたい姿からやるべきことを逆算思考できるように、生徒さん自身が気づき、前向きに勉強へ向き合える環境を作っています。

その日に理解しきれなかったり、宿題ができなかった生徒には、できるようになってからお返しすることを目指しています。そうして、日々の学習で「できた!」という成功体験を積み重ねてもらい、自信をもってテストで高得点がとれるように伴走していきます。

部活も勉強も頑張りたい子どもを全力で支援します。ぜひ定期テスト対策、入試対策は湘南ゼミナール小中部 海老名教室にお任せください!

【湘南ゼミナール小中部 海老名教室】
●海老名教室のホームページはこちら●
(住所)〒243-0432  神奈川県海老名市中央2丁目1−16 センチュリー八芳1F
(お問合せTEL)046-244-3300

お問合せ・資料請求はこちら

関連記事

【塾選び・比較】学習塾の無料体験授業で見るべきポイントとは?長期体験にはメリット多数! 【小・中学生】新教科書で難易度UP?学習方法で差がつくポイント 【2022 高校受験】神奈川 公立高校の入試制度が丸わかり!配点のしくみを理解し、強みを活かした受験を!